hello mountains

ゆるゆる登山日記

【鍋割山】紅葉登山と鍋焼きうどん

f:id:vuori:20161203142802j:plain

鍋割山。と聞くと連想する鍋焼きうどん。

山登りを始めた当初から何度も一緒に登っているお友達と、いつか鍋割山に行こうと話すこと3年、4年。ついに念願の鍋焼きうどんを食べに行ってきました。

コースタイム

7:00 渋沢駅 → 7:15 タクシー発車 → 7:30 県民の森 ゲート付近下車 → 8:00 二股、尾関廣先生の胸像通過 → 8:40 西山林道終点(山荘の水置き場)→ 9:10 後沢乗越 → 10:30 鍋割山頂 ~12:00 お昼休憩 → 12:00 下山開始→ 13:00 後沢乗越 → 13:25 西山林道終点(山荘の水置き場)→ 15:20 大倉バス停到着 ~16:15 どんぐりハウスで一服 → 16:30 渋沢駅

 

天気は晴れ この日の神奈川の最高気温は20℃。あたたたたたかい! 

 

外はまだ暗い。私の家に前泊したお友達と一緒に最寄り駅へ。途中でもう一人のお友達も合流。渋沢駅までは乗り換え入れても大体1時間半。電車の中では殆ど寝ていました。(お決まり。)

7:00に渋沢駅に着いたらトイレをすませます。ここで行っておかないと山頂まではトイレはないのです。

大倉のバス停にはありますが、今回はタクシーを使い時間短縮をしました。私は文明のリキはどんどん使いたいタイプです。渋沢からのタクシー代は今回は2,300円くらい。

7:15 タクシーに乗り込み二股ゲートまで。タクシーの窓からも丹沢の山脈がよくわかるほど今日はいいお天気。ガスのガの字も見当たりませんでした。月が見えます。

f:id:vuori:20161203162154j:plain

山道の路駐が多くてこれ以上進むとタクシーが引き返せなくなっちゃう(泣)とのことでゲートの少し手前でタクシーを降りました。でもこの時点でだいぶ標高を稼ぐことができました。 

降りてさっそくあんぱん。丹沢行くならこれだよね。と思って前日に相鉄線横浜駅構内にあるオギノパンで3人分のあんぱんを購入したわたくし。

季節限定のさつま芋味。美味でした。

f:id:vuori:20161203152011j:plain

丹沢あんぱん - オギノパン

林道を進みます。ところどころ紅葉が綺麗でした。

f:id:vuori:20161203152324j:plain

上秦野林道という看板のところに出ました。こんな標識が結構あるのでわかりやすかったです。

f:id:vuori:20161203152417j:plain

沢沿いの道をどんどん進んで二股へ。川のせせらぎが気持ち良いです。

f:id:vuori:20161203152546j:plain

丸木橋はここ以外に途中3か所くらいありました。

f:id:vuori:20161203152702j:plain

林道の終点です。一旦ここで水飲み休憩。

鍋割山荘が用意したお水がたくさんありました。2ℓのペットボトルだけどお水はパンパンには入っていないのでもうちょっと軽いです。私たちもザックに1本入れる余裕があったのでそれぞれ1本ずつ持ちました。よっこらせ。

f:id:vuori:20161203152915j:plain

お水を担いで出発。ここからは登山道らしくなって登りが続きます。前日は雨だったのですが道は歩きやすかったです。しかし、暑い。

登山日和すぎてこれは半袖Tシャツでもよかったなぁというくらい。紅葉した木々に癒されながらも、たまには風のひとつでも吹いてほしいと感じるほど。

f:id:vuori:20161203153543j:plain

途中富士山も頭を出してくれました。すっかり冬の富士山です。やっぱり富士山が見えるとちょっと元気になります。

f:id:vuori:20161203153804j:plain

水を担いでから約1.5時間。山荘が見えました!山頂もここの目の前です。

f:id:vuori:20161203153935j:plain

一旦荷物を置いて山荘へ。うどんを注文しに行きます。

f:id:vuori:20161203154146j:plain

どのくらい待つかドキドキしていたのですが、山荘の中で待っている人は10名もいなく、名前をお伝えして山荘の中で待つこと10分であっという間でした。やはり大倉からの登山客がまだ到着する前だったからかもしれません。

あつあつの鍋焼きうどんを持って外へ。やっと念願が叶いました!

f:id:vuori:20161203142802j:plain

もちろんここでもビール。缶ビールは山荘にも売っているようですが、500円すると聞いたので持参しました(ケチ)。あっという間にうどんを完食。美味しかったです。また食べに来なくては。

そしてここでお友達のMちゃんが持ってきてくれた北海道土産(大好きな六花亭の「ひとつ鍋」)ナイスMちゃん。

f:id:vuori:20161203154644j:plain

時間に余裕があれば塔ノ岳まで行こうか?と話してたもの、なんやかんやのんびりしすぎたので、山頂で写真を撮ったりトイレをすませてこのまま下山することに。うどんよりもトイレの方が並んだかも笑

バイオトイレなので使用したペーパーは持ち帰ります。(親切なことにトイレ内に持ち帰り用の袋がありました。)

 

小丸尾根が現在整備のために通行止めとなっているので、今回はピストン。このころには大倉のバス停から登ってきた人も沢山増えていました。

下山ではストックを使うことが多いですが今回は私は不要でした。しばらく下山すると山荘の水置き場に到着です。かなり水は少なくなっていました。

f:id:vuori:20161203155323j:plain

ここからはずっとこんな景色の林道歩き。とにかく単調で、私はひたすら眠かったです。

f:id:vuori:20161203155528j:plain

林道を歩くこと約2時間(長い)。大倉のバス停に着きました。

ここで靴を軽く洗って併設のどんぐりハウスへ。下山後の一杯+味噌おでんをいただきました。眠気が取れなくて食べ終わったとたんに席で寝落ちかけたわたし。

f:id:vuori:20161203155831j:plain

あとはもうバスに乗って15分ほどで渋沢駅へ。ここでも眠くて辛かった。

今日は温泉は寄りませんでした。温泉に寄るなら丹沢・大山フリーパスのBキップを買うとお得だと思います。

あまりに眠いので当初乗る予定だった路線から、始発から終点駅までがっつり寝れる路線に乗換え方法を変更して帰宅しました。

 

アクセスしやすいのでこれからはもっと頻繁に来たいなぁと思っています。

 

お役立ち(次回鍋割山に向けて)

www.kanachu.co.jp ※今回は使用せずタクシーを利用

www.kanachu.co.jp 

www.odakyu.jp