hello mountains

ゆるゆる登山日記

【雲取山】2017年の初日の出を2017mの頂で▲2日目

f:id:vuori:20170103114148j:plain
東京都の最高峰といえば雲取山。ここの標高は2017m.ということで2017年は雲取の年。ちなみに百名山の標高と西暦が同じになるのは、越後駒ケ岳(2003m)以来の14年ぶり。次は17年後の美ヶ原(2034m)だそうです。きっと2017年は雲取へと思っている人は多いと思います。雲取山にある雲取山荘で毎年年越しイベントも行っていることは知っていたので、せっかくなら年越しをここで過ごし、2017年の初日の出を2017mの頂で見よう!と思い、年越し登山をしてきました。

登山ルート

1日目(12/31):鴨沢登山口~七ツ石小屋~小雲取山雲取山
2日目(01/01):雲取山荘~雲取山雲取山荘~小雲取山~鴨沢登山口

コースタイム
6:00 雲取山荘 → 6:30~7:30 雲取山 → 7:50~8:30 雲取山荘 → 15:15 小雲取山奥多摩小屋 → 堂所 → 登山口 → 12:30 鴨沢バス停 → 奥多摩駅


さて2日目の1月1日の朝です。
4:30からの朝食に間に合うよう、4:00に起床しお手洗いなどをすませました。4:15くらいから食堂の前あたりに人が並び始めたので私たちも一緒に並びます。1度に80人が食事につけるそうです。

4:30 今年はじめての食事。お正月ということでお雑煮もついていました。
f:id:vuori:20170103205841j:plain

食事後は身支度。宿泊している人の半分以上は山頂で初日の出からそのまま下山する様子でした。私たちは一旦山荘での餅つきを見たいので山頂へは身軽な状態で。餅つき後はすぐに出発出来る準備だけしておきました。

6:00 初日の出を見るために山荘を出発。暗くて写真は撮ってません。日の出の時刻は6:51。30分程で山頂に着けるはずなのでゆっくり登ります。

6:35 山頂に着くともう結構な人がいました。
f:id:vuori:20170107122607j:plain
既に空が明るくなりはじめ、富士山も見えています。

f:id:vuori:20170107124031j:plain
6:55 51分が日の出の時間でしたが、雲などもあったのではっきり確認できたのはこのくらいの時間。
f:id:vuori:20170107124055j:plain
この時、山頂では万歳してました。2017年一年間限定の記念碑の除幕も行われていました。
避難小屋のある山梨側に移動し(こちらの方が景色が良い)写真を撮ったりして1時間程はいたかな。

7:45 一旦山荘に戻るとすでに1回目の餅つきが行われていました。
f:id:vuori:20170107131533j:plain
あんこを自分で包みます。とち餅、はじめて食べたけど美味しかった~
f:id:vuori:20170107173603j:plain
2回目の餅つきの様子。

イベントも殆ど終えたので山荘に戻って一息。山荘は大分人が少なくなりました。
f:id:vuori:20170107173856j:plain
8:30 お世話になった山荘を出発です

帰りもまきみちを行きました。ここのまきみち、31日の夕方以上に凍結しており、早速転んでしまいました。新年早々。
ほんの一部分とはいえチェーンスパイク履いておいたほうがよかったですね。
まきみちを出ると大好きな南アルプスと富士山が見えます。
f:id:vuori:20170107174153j:plain
晴れていてよかった!写真では見切れているけど、甲斐駒ケ岳も見えました。
仙丈ケ岳は手前の山に隠れて見えず。。。
北岳間ノ岳も見えます。一富士、二北岳、三間ノ岳。正月からすべて見えてうれしい限り。

鴨沢までの下山はただひたすら下山なので省略。
1:00頃にバス停に到着し、バスの時間まで山の休憩所かゑるさんでビールを一杯。自家製ピクルスが美味しかった!
www.yama-kaeru.com

その後は奥多摩に来たときは毎度お世話になっている河辺温泉 梅の湯でさっぱり。奥多摩にはもえぎの湯もありますが、いつもこちらにお邪魔してます。
www.kabeonsen-umenoyu.com

登山開始時刻が遅れるというハプニングはありましたが、終わってみると素敵な2日でした。